Japapnese TATTOO Horimitsu 次の答え

猫たちの49日も終え

一通りの弔いも過ぎたあたりから

自分の考えが急激に現実的になっています

生きることへの執着は全てお金儲けに帰結して

金こそ全てという宗教にハマっているような気がします

はて、その宗教は間違っているのかな ?というような考えすら持っていて、助け合いやボランティアすら否定しかねない勢いです

さてここでボランティアや助け合いの本当の意味を考えた場合
自分の立ち位置からすると金持ちの道楽と同義になるような気がします。
実際このことについて面と向かってお話しすれば真意を伝えられると思いますがこのブログ上では難しい

字面は感情を載せられない

とりようによりどうとでも受け止められる

生きることに、毎月の支出に必死で生きている人にボランティアができるでしょうか?

さて、ボランティアをやっている人たちはどういう人たちか?

気になります

調べる気もないですが

人に優しくすることは自分が気持ちよくなる

これは間違いない事実です

さて


これ、業が深くないでしょうか?

本当に嫌いです。

道で倒れている人がいたら助ける
もうそれでよくないですか?

ソーシャルメディアやマスメディアで周知される情報が多過ぎて
ボランティアが仕事みたいになってないかな?

まぁ、どうでもいいんです
好きにやったらいい

やったことをいちいち報告すなよ
くだらない
本当に安っぽい
まぁ、どうでもいいですけど

おやすみまーや















コメント